『木のいえ整備促進事業』(長期優良住宅) ~O様邸

 最初の相談は、建て主の奥様のお父様からでした。「子供たちが結婚し、現在の賃貸マンションから、新しいマンションを購入しようとしている。ちょうど、家の隣に敷地の余裕があり、もったいないので、ここに家を建てて住んでもらった方が、何かとよいのではないか。」と。自ら考えられたプランを持って、打合せに来られたのがはじまりでした。

 お父様がつくられたプランをもとに、その他の新しいプランを数案つくり、打合せを重ねていきました。12~3プランになるまで計画を練り上げていきました。ちょうど、長期優良住宅の認定を受け、地元の木を使うことで、金利の優遇や税制の優遇、補助金などいただけることもあり、この制度を使って建てる事にしました。


イメージスケッチ

プランづくり 

 今回は、お父様からのプランをもとに設計がすすんだのですが、弊社ではプランづくりを通じて、お客様とコミュニケーションをとっていることろがあります。どんなところで働いていて、趣味は何で、日頃の家での過ごし方だったり、子育ての方針だったり、料理はどんなものをつくるのか、などなど。1軒の家が出来上がるまで、十数プランのやり取りをしています。お客様からの要望をお聞きし、自分なりのプランを提案し、また打合せをする。当然、一度作ったプランでもお客様に提示できるものになってなければ、ボツにすることもあります。お客様に提示できないプランも合わせるとかなりの数のプランができています。経済的に考えると、無駄な作業なのでしょうが、このことを省略するときっと「いい"すまい"」にならないような気がします。

contents_border_ft.png


地鎮祭


基礎のコンクリート打設


上棟


現場でのご説明


リビング


階段部


お引渡しの機器類のご説明


鍵の引渡し





小屋裏部屋


小屋裏へのハシゴ

 今回のプランは、収納たっぷり、部屋数確保。自然の光や風を充分取り入れられるように考慮していきました。特に階段下の収納や小屋裏部屋など空間を有効に利用したことが特徴になっています。小屋裏部屋のハシゴや天井高さのおさえられたこの部屋は、お子様にとっての格好の遊び場になりそうですね。

contents_border_ft.png