はじまりは、”ちいさなイメージ”から。プロフェッショナルとのコラボレーション。優れた伝統を継承し、お客様の幸せのために技術の発展と創造に努めよう。子供や孫に受け継ぐ、家づくり、まちづくり。

耐震診断 精密診断法

2017.05.28

 昨日は、建築士会の久留米支部が主催する耐震診断の勉強会に参加していました。4回シリーズで行われていて、今回は、精密診断を学びました。耐震診断は、各自治体によって、一般診断を使うのか、精密診断か、選択自由とか、まちまちです。ちなみに、現在応援に行っている熊本市の場合は、基本一般診断で、調査を行っています。今はまだ、伝統構法で作られた住宅の診断はしていませんが、しっかり勉強して、伝統構法でも診断できるようにしていきたいと思っています。週明けに熊本での2件の耐震診断があります。地震から1年が経ちますが、まだ、診断希望のお客様をお待たせしている状況です。弊社もできる限り頑張りたいと思っています。

 今日も弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
大きな地震があるたびに法律が変わっていて、今回の地震を受けて、また大きく法律が変わることでしょう。

contents_border_ft.png

S様邸 ~低炭素住宅の認定をうけた家

低炭素住宅の認定を受けた住宅です。低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出を極力おさえた住宅のことで、エネルギーの消費が少ない、また、エネルギーをつくる設備を完備することで、この認定をうけることができます。今後、住宅づくりには、欠かせない基準になってくると思っています。

S様邸

6月2日(金) 「中層木造施設の事例紹介」講演会のお知らせ

2017.5.17

 6月2日(金)18:15~19:45まで、「中層木造施設の事例紹介」というタイトルで講演をいただきます。講師は、株式会社シェルターの林隆氏です。耐火認定、構造計画など、事例を交えてお話しいただく予定です。講演会後には、懇親会も予定しております。ぜひ、ご参加ください。

ニュースレター 14号できました。

2015.4.02

 ニュースレターを発行するようになって、2年とちょっと。自費で出版していますので、記事の内容は、風の吹くまま、気のむくまま。自分の好きなことばかりを取り上げていると、そのことをきっかけに、不思議とご縁が広がっています。皆様に読んでいただく事も大変嬉しいのですが、そのご縁の広がりを楽しんでいたりもします。

IMG_2016.jpg

O様邸 新築

2014.06.03

九州の木をふんだんに使った家ができました。『木のいえ整備促進事業』(長期優良住宅)の認定を受けた建物です。収納をたっぷりとり、部屋数を重視したプランで、自然の光や風を有効に取れるように工夫しました。オーナー様のご要望でつくった小屋裏部屋はお子様の格好の遊び場になりそうですね。

P1060489.JPG

エコへの取り組み

2014.06.03

ジオパワーシステム。
弊社事務所ビルは、熱源の補助として地中熱を利用した冷暖房システムを取り入れています。夏場など洞窟の中に入るとひんやりしますよね。地中(4~5m付近)は、年中その土地の年間平均気温に近い温度なのだそうです。そのかすかなエネルギーを利用したエネルギー補助システムです。

contents_border_ft.png



私たちは、熊本を応援します!