はじまりは、”ちいさなイメージ”から。プロフェッショナルとのコラボレーション。優れた伝統を継承し、お客様の幸せのために技術の発展と創造に努めよう。子供や孫に受け継ぐ、家づくり、まちづくり。

屋根のむくり

2016.07.06

 昨年は、大阪出張の機会が多くあり、時間が取れるときは、奈良、京都と足をのばして、寺社仏閣、古民家などを見てまわることができました。自分で気に入った場所などあれば、写真やスケッチなどで記録していきましたが、特に屋根のデザインに関しては、私自身の意識が変わってきたようです。住宅の場合、屋根のあり方で、デザインは大きく変わると思います。その屋根の勾配、出幅、高さなど絶妙なバランスのものは、どの方向から見ても美しい。桂の離宮などは、とても学ぶところが多くありました。

 今回、進行中の物件で屋根にむくりをつけたいと思っています。雨水のキレをよくする事もあるのですが、見た目のバランスがむくりをつけた方がよくなり、デザインがしまってくるからです。施工は難易度が増すでしょうが、木の建物だからこそ出来るんだと思うんですよね。作り手と一緒に取り組んでいきます。



熊本地震により被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

 今日も弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 桂離宮の見学者の半数以上は、海外からの人でした。

contents_border_ft.png

S様邸 ~低炭素住宅の認定をうけた家

 低炭素住宅の認定をうけた住宅です。低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出を極力おさえた住宅のことで、エネルギーの消費が少ない、また、エネルギーをつくる設備を完備することで、この認定をうけることができます。今後、住宅づくりには、欠かせない基準になってくると思っています。

S様邸

アップ日 : 2016.06.25

ニュースレター 14号できました。

2015.4.02

 ニュースレターを発行するようになって、2年とちょっと。自費で出版していますので、記事の内容は、風の吹くまま、気のむくまま。自分の好きなことばかりを取り上げていると、そのことをきっかけに、不思議とご縁が広がっています。皆様に読んでいただく事も大変嬉しいのですが、そのご縁の広がりを楽しんでいたりもします。

IMG_2016.jpg

O様邸 新築

2014.06.03

九州の木をふんだんに使った家ができました。『木のいえ整備促進事業』(長期優良住宅)の認定を受けた建物です。収納をたっぷりとり、部屋数を重視したプランで、自然の光や風を有効に取れるように工夫しました。オーナー様のご要望でつくった小屋裏部屋はお子様の格好の遊び場になりそうですね。

P1060489.JPG

エコへの取り組み

2014.06.03

ジオパワーシステム。
弊社事務所ビルは、熱源の補助として地中熱を利用した冷暖房システムを取り入れています。夏場など洞窟の中に入るとひんやりしますよね。地中(4~5m付近)は、年中その土地の年間平均気温に近い温度なのだそうです。そのかすかなエネルギーを利用したエネルギー補助システムです。

contents_border_ft.png